でこニキビ オススメ化粧品

ニキビの種類

ニキビはその状態によって、いくつか種類に分けられます。

 

【白ニキビ】
毛穴が詰まって皮脂がたまった状態を面皰(めんぽう)といいますが、白っぽくポツンと皮膚が膨らんだ状態が白ニキビで、ニキビの初期段階です。
思春期や生理前、不規則な生活習慣や偏食、ストレス、お肌の乾燥も原因になります。
よくニキビは潰してはいけないといいますが、コメドプッシャーというニキビを潰す専用の道具もあります。使用上の注意をよく読み、道具や手が清潔な状態で使いましょう。

 

【黒ニキビ】
白ニキビ同様面皰とも言われますが、より悪化したものです。毛穴に詰まった角栓が、酸化して黒くなってしまったものを指します。特に鼻にできてしまうことが多いです。コンシーラーでも隠しにくく、汚く見えるので気になってしまいます。

 

【赤ニキビ】
白ニキビや黒ニキビと違い、炎症を起こしてしまったニキビです。丘疹(きゅうしん)といいます。皮脂が詰まったことで毛穴の中にいたアクネ菌が増殖してしまい、炎症を起こしたものです。ここまでくると道具を使ってもニキビを潰してはいけません。丁寧なスキンケアも必要となります。
優しい洗顔と、刺激の少ない化粧水で潤いをたっぷり与えて、お肌を清潔に保ちましょう。

 

【黄ニキビ】
赤ニキビがさらにひどくなって、アクネ菌が増えて膿みが溜まっている状態です。膿疱(のうほう)といいます。赤ニキビよりさらにお肌の手入れにも気を遣い、炎症を抑える薬をつけましょう。自分で膿を出そうとするとクレーターのような跡が残ってしまう可能性があります。無理に潰すような行為は絶対にやめましょう。