なぜニキビはできるの??

ニキビができる理由

ニキビは毛穴が詰まってしまうことで皮脂の出口がなくなってしまい、炎症を起こしてしまうものです。それでは毛穴が詰まってしまう原因=ニキビができる原因は何でしょうか。

 

【男性ホルモン分泌の活性化】
思春期では、男性ホルモンの分泌が活性化されます。このホルモンが皮脂腺を刺激、皮脂が過剰に分泌されてしまうことで毛穴が詰まってしまうことがあります。思春期の場合おでこや鼻などのいわゆるTゾーン、頬の上などにできやすいのが特徴です。

 

【不規則な生活】
睡眠不足、夜更かしは皮脂の過剰分泌につながります。

 

【偏った食生活】
甘いもの、刺激物、保存料、油っこいものなどばかり摂り、栄養バランスの悪い食生活は皮脂の分泌を促してしまいます。
ビタミンC、ビタミンB2、ビタミンB6は皮脂分泌を抑えてくれるので、積極的に摂りましょう。

 

【便秘】
便秘になると腸内環境が悪くなり、善玉菌が減り悪玉菌を増やしてしまいます。善玉菌がなくなると皮膚細胞を活性化させるビタミンが減ってしまいます。また悪玉菌が増えると肌のトラブルを招く活性酸素が発生してしまいます。

 

【ストレス】
ストレスが溜まると男性ホルモンの分泌が活性化します。

 

【乾燥】
お肌が乾燥すると、肌の角質が厚くなってしまい、皮脂が詰まりやすくなってしまいます。

 

 

思春期特有のニキビは自然と男性ホルモンの分泌が活性化されるということもあり、避けられないものです。
しかし、その他の皮脂が過剰に分泌されたり角質が厚くなる原因を取り除くようにすれば、ニキビを予防することができますね。